1000km走行したプジョー『3008 GT Line BlueHDi』の良かった点と残念な点とは?

スポンサーリンク

 

『3008 GT Line BlueHDi』を購入して1ヶ月が経ち走行距離も1000km超えました。

そこで試乗した時以外に気付いた所がありましたので、『良かった点』『残念な点』についてご紹介できればと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

 

1.プジョー『3008 GT Line BlueHDi』の特徴とは?

 

この車はハイオク仕様ではなくディーゼルとなっています。

特別仕様車ですが販売価格は¥461万で決して安い買い物ではございません。

オプションでプラス¥15万でサンルーフも付けることができますが、私は取り付けませんでした。

運転席にはマッサージやメモリーシートも付いておりギアは8速ATでなかなか良い走りしてくれます。

又、

ハンズフリーテールゲートが装備されているので両手が塞がっていても足で開ける事ができます。

最近は買い出しに行ったら作動確認がてらメッキリ利用しています。

購入前はこんな機能はいるのかと思っていたんですけどね~

 

試して体験してみよう車のキーレスの隠れた機能にビックリ間違いなし?
車のカギはキーレスが当たり前になった世の中ですけど そのキーレスに隠れた機能があることを知っていますか? 私は偶然この機能を発見しましたのでご紹介します。 これを見たら是非、試してみてくださいネ!! ...

 

燃費について

マイナーチェンジ前の燃費は17.8km/Lから21.2km/Lへ大きく向上しています。

実際だと街乗りだと17~18km/Lといったところです。

高速はまだ走っていないので分かりませんが20km/Lくらいは行きそうに思われます。

燃費の向上で走行距離が925.6kmから1102.4kmと大きく伸びました。

ガソリンメーター残り1メモリから軽油104円/Lのとき¥4000でほぼ満タンになります。

(経済的ですね~)

 

 

プジョー3008のガソリン代から車両本体を比較!!どちらがお買い得?
プジョー3008にはディーゼル車とハイオク車の2種類の燃料があります。 『実際、どっちがお得なの?』 『仮にディーゼル車を購入したら何年でハイオク車を超える?』 とか 購入を検討しているあなた...

 

2.1000km走行して気付いた点とは

ブレーキ

車乗り換えて違和感を一番感じるのはブレーキの効き具合ではないでしょうか。

 

私の前車はブレーキの遊びが大きくあったせいか、3008に乗り換えて同じ感覚でブレーキを踏むと遊びがなく急ブレーキを掛けた感覚になります。

 

慣れるのに時間がかかりますかね。

 

座席シート

シートは硬めで個人的にはもう少し柔らかい方が良いかなと・・・

 

長時間運転すると腰が痛くツラい経験したことあるかと思いますが、3008のシートは腰辺りの調整も出来るので疲れにくくなっています。

 

シートベルト

シートベルトですが軽すぎて大丈夫?と思わせるくらいです。

個人的にはもうちょっと圧迫感が欲しいです。

 

ハンドル

ハンドルは高さ調整以外に前後方向の調整もできるので、自分のドライビングポジションにより合わせ易くなっています。

 

エンジンブレーキ

私はディーゼル車が初めてなのでよくわからないんですが、エンジンブレーキがものすごい効きが良くて自分が思った以上でした。

(良くも悪くもって感じですかね)

 

坂道での走行はパワフルでエンジンの唸りもなく驚きです!!

 

スポンサードリンク

 

ドアロック

どのドアにも防犯や子供の安全が考えられており、ドアロック解除ボタンが表にはございません。

ロック解除は防犯上ナイショにしときますね。

気になる方は是非ディーラーへお尋ねください。

 

サンバイザー

こちらはサンバイザーなんですが赤枠のところ気になりませんか?

そうです!!

窪んでいるんです。

 

プジョーの車全てなのか分かりませんが、3008のサンバイザーはとても親切でここに指が入るくらいの窪みがあり、利用しやすくなっています。

 

純正ナビ

気になるナビについてですが、これは残念な事にCD/DVDを入れる口がありません。

 

iPodも古すぎるとUSBを差し込んでいても反応しません。

なぜなら

私の持っているiPodは2012年物ですが反応しませんでした。(トホホ)

 

ナビの設定で自分が欲しい情報を表示できる(駐車場やレストランなど)訳ですが、公共関係は初めから表示してほしかったですね。

全部登録による表示で数も決められているため全て網羅することができません。

 

パドルシフト

パドルシフトで運転する場合は『M』ボタンを押すとパドルシフト走行が可能になるんですが、通常はエンジンブレーキを掛けたい場合に使用する方が多いと思います。

 

三菱のイクリプスクロスのパドルシフトは運転中に使用して元のATに戻す時は『+』と『-』どちらかを長押しならぬ長引きしてATに戻るらしいんですが、プジョー3008の場合パドルシフトを使用したら10秒くらい操作しなかったら元に戻ります。

(勝手に元のギアに戻ってくれるのはありがたいですよ)

 

タイヤ・ホイール

タイヤは前輪だけスンゴイ汚れます。

これが洗車後のホイールの状態ですが・・・

 

これが汚れた状態です。↓

 

わかりますかね?

 

前輪だけこんな感じで赤茶っぽく汚れてきます。

コマメに前輪だけ洗車しましょう。

 

プジョー3008GTLine BlueHDiの夜の画像を紹介
私は乗り換えのためにプジョー3008GTLine BlueHDiを購入しました。 納車は2月16日でした。 夜の3008の画像についてあまり紹介している所が少なかったので、乗り換えや購入を検討しているあなたに夜の3008...

 

3.まとめ

・良かった点

・燃費が21.2km/Lでガソリンも軽油で経済的

・ハンズフリーテールゲートが何気に便利

・メモリー付き電動シート

・前後、上下にハンドル調整が可能

・サンバイザーが利用しやすく窪んでいる

・通常の走行時にパドルシフトを操作してギアチェンジしても元に戻ってくれる

・ドアロックが表にないため子供が勝手に開ける心配がなく、また防犯にとっても良い

 

・残念な点

・ブレーキの遊びがなく急ブレーキとなるところ

・シートが硬い

・シートベルトが緩すぎる

・純正ナビの設定

・運転席に座って窓を開ける時のボタンまでがちょっと遠い

・収納力があんまりない

・前輪のホイールだけが汚れやすい

 

以上により、1000km走行して改めて良かった点と残念な点を紹介しました。

試乗した時に気付いた点とはまた違う意見を紹介していると思いますが、一番はどこまで妥協するかによって購入するかしないかを決定することでしょう。

あくまで個人的な評価にしか過ぎませんが参考になればと思います。

 

【乗り換え検討の方】プジョー3008を試乗して気付いた点とは?一緒に見積もりしてみた。
現在使用中の車が9年や10年を迎えていたり、10万キロを超えていよいよ交換しないとダメな部品が出てきていたりと、乗り換えを検討する方もいらっしゃると思います。 そんな乗り換えを検討している方へ、プジョー3008に先日試乗してき...

 

コメント