タイ行きANAビジネスクラス席と機内食の洋食画像を紹介

スポンサーリンク

先日、仕事でタイはバンコクに行ってきたんですが、初めてビジネスクラスに搭乗させて頂きました。

タイまで6時間の長旅ですので、機内食も出ましたので画像と共に紹介します。

(行き先は日本からタイヘ)

旅の参考になればと思います。

 

スポンサードリンク

 

1.ビジネスクラス席

皆さんもご存知でしょうが、座席にはエコノミー、ビジネス、ファーストクラスに別れています。

エコノミークラスの中にもプレミアムエコノミーと言うのもあります。

私は初めて知りました( ̄▽ ̄;)

 

ビジネスクラスの座席シートには何種類かあるみたいですが、タイ行きのシートはこちらでした。

エコノミーの2つ分の座席がビジネスクラス1人分でしょうかね。

隣の席が気になる様でしたら仕切り板を延ばすと大丈夫ですよ。

座席は180度くらいまで倒せて寝ることも可能で、ブランケットや枕やスリッパまで各座席に置かれて用意さています。

リクライニングのボタンはこのテーブルの横にあります。

シート下は救命胴衣が入っています。

シートに座り間もなくして、CAさんがウェルカムドリンクを持って来るので、オレンジジュースかスパークリングワインを選べます。

私はスパークリングワインを頂きました。

飲み物も幅広い種類のアルコールがあり結構酔っぱらいますのでご注意下さい。

もちろん無料で頂けます。

カクテルもありますが、個人的にアルコール高めと感じました。

 

2.機内食

機内食には和食と洋食を選ぶ事が出来ます。

私はフィレ肉に惹かれたので洋食を選びました。

プレート横にある調味料はどの料理に使えばいいのか分からず、塩だけお肉に使いました。

(写真左上部)

すいません!!

メニュー表を撮るのを忘れました。

もちろんおいしく頂きました。

アルコールも入ったせいか食事は適量でした。

この他にも一風堂のラーメンもありました。

3.まとめ

私は二度とこの席に座ることがないであろうと思っているんですが、ビジネスクラスは、隣の方を気にする事もなく、CAさんが飲み物とかお世話して頂けます。

実に優雅な旅のはじまりとなりました。

今回初めて知った事なんですが・・・

荷物が出る順番は適当かと思いきや ファースト、ビジネス、エコノミーの順で出てきます。

シートが高い分だけありますね。

それだけではなくて

現地に着いた時の入国ゲートもエコノミーとは違う専用のゲートでスムーズに通過できます。

それにしてもビジネスクラスはよかったです。

 

出入国カードの記入案内表示方法はこちら

 



コメント