パッポンナイトマーケットでの買い物の心得3箇条を紹介!!

スポンサーリンク

タイ・バンコクに来たらオススメの買い物お土産スポットの一つ

パッポンナイトマーケットです。

こちらは、ブランドのコピー物しかありません!!

しかも、オープンなぼったくりです。

が、

ブランド以外にも麻生地のパンツやお香やアロマとかがありますので、一度は来た方が良いです。

私はお土産を買うのに行きました。

これさえ頭に入れとけば楽しい買い物になる心得3箇条を紹介します。

スポンサードリンク

1.パッポンナイトマーケットの商品

前述してますが、 再度、パッポンナイトマーケットは基本ブランドのコピー商品です。

歩いていると

『ヤスイヤスイ』

『コピーヤスイ』

とか言うてますので面白いですよ。

中には肘掴んだりする輩もいますが毅然とした態度で断りましょう。

※コピー商品が売られている事を常に頭に入れた上で買い物する事

電柱が邪魔してますね~(すいません)

2.交渉

気になる商品が見付かったら、近くにいるタイ人にいくらか聞いてみましょう。

そうすると、あり得ない金額で電卓又は言うて来るので交渉の開始です。

いきなり半値又は自身の見積り予算額を伝えて下さい。

向こうは

『No』

『ムリ』

とか言うてますが、何だかんだで下げてくれます。

これを3回くらいやってもご希望に届かない場合は、諦める(次に行く)素振りをしてみて下さい。

そうすると、泣きの一声が掛かります。

※しつこくやり過ぎると向こうがキレて来るので見極めるように!!

交渉したお店を諦めても同じようなお店が並んでいますので 『ここだ!』と決めないで次のお店に行来ましょう。

偽物を売っているんですが、どの店もフレンドリーですので怖くはないですよ。 (オープンな偽物販売ですけど)

3.客引き(キャッチ)

パッポンナイトマーケットに限らずですが色んな所で声を掛けて来ますので 目的以外は一切無視で構いません。

≪客引きや声かけの種類≫

・風俗 (ゴーゴーバー、カラオケ、ソープ)

・トゥクトゥク

・マッサージなど

たまに、腕まで掴んで来る奴まで居ます。

※付いていくと私みたいにぼったくり被害に遭ってしまいます。

4.まとめ

1箇条

パッポンナイトマーケットはコピー商品しかないと思うこと

2箇条

交渉では半値又は自身の予算以上は出さない

3箇条

客引き(キャッチ)には付いていかない

この3箇条を徹底すれば楽しく買い物ができると思います。

旅行会社調べによると・・・

年末の海外旅行場所TOP3にタイが入っているのを目にしましたので、是非良い年末年始になればと思います。

このパッポン周辺は観光客が多いためぼったくりや盗難には気を付けて下さい。

※私はゴーゴーバーでぼったくり被害と恐怖体験をしました。

類似被害を防止する意味でもご覧ください。

パッポン『ゴーゴーバー』のぼったくり被害に遭った恐怖体験
2019年11月に仕事の関係でバンコクに行く機会がありました。 どのサイトにも書かれていますが バンコクは夜になると 『ゴーゴーバー』 と言う風俗が有名ですよね。 私が行ったのはパッポン通りのゴーゴーバーです。 そこでぼったく...



コメント